帳票献立   弊社指定   一覧表
STEP0: 帳票の献立データを出力
データ移行されたい献立データを、帳票のエクセル形式で出力します(表0)。
「日付」-「料理名」-「食材名(材料名)」-「食材分量(g)」の関係性がわかることが前提です。
(表0)Before: 帳票献立の1つの例
STEP1: データ移行のためのエクセル変換
(表0)の献立データを(表1)の形式に変換して頂く必要がございます。
1献立につき1行で、横に食材と分量を並列列挙された形となります。この形にすることにより
食らぼキッズへのデータ移行(流し込み)の下地が整います。
(表1)After: 移行のための下地となるフォーマット
STEP2: 食材名を日本食品標準成分表の食品番号に特定
(表1※元は表0)の「食材名」に着目してください。大抵、出力された献立表における「食材名」は
簡略化された名称になっており、「日本食品標準成分表(以下成分表)における食材名」で記載されておりません。

データ移行する際には、その「食材名」が「成分表における食材名=食品番号」のどれに該当するのか
全て正確に特定する必要があります。栄養素量を計算するためです。
その際、成分表の食材名は、似た名称の食材名が数多くあるため、どれに該当するのか
弊社側サポート側で特定できないものが多く発生します。この特定は、献立を作成された栄養士さんが分かります。
(表2)の様に移行させたい献立表に1度以上出てくる全食材に対して、成分表の食品番号を記載ください。
また園独自で作成されたオリジナル食材は、食品番号が存在しませんので、その必要はありません。
(※オリジナル食材は別途登録作業が必要になります。)
(表2)食材名と食品番号一覧表
フォーマットをダウンロードして頂き、
(表1)及び(表2)の形式で、移行させたい献立データをご送付ください。
また以下のご注意事項もご覧ください。
送付先/お問合せ先
<< ご注意事項 >>
弊社指定   一覧表
(表1)から(表2)の作成作業
(表1)から、1度以上出てくる全食材を羅列するのも、相当な手間となる可能性がございます。
従いまして、(表1)の状態で弊社にご送付頂ければ、以下の(表2-2)の様な、食品番号は抜けている食材一覧の表を
弊社側で作成することが可能です。
(表2-2)の形式で返送いたしますので、食品番号をご入力の上、再度ご送付ください。
(表2-2)食材名一覧表
帳票献立   弊社指定
(表0)から(表1)の作成作業
(表0)から(表1)の形式に変更がお手間である場合、移行させたい期間分の(表0)を送って頂ければ、
弊社側で(表1)及び(表2-2)を作成することは可能です。
ですが、弊社側でも作業工数が発生致しますので、別途作業費用を頂く可能性がございます。
金額におきましては、移行させたい期間(データ量)に依存しますので、お気軽にお問合わせください。
送付先/お問合せ先
Copyright © Liferobo,Inc. All Rights Reserved.